Home / 投資家を騙す詐欺師の手口

投資家を騙す詐欺師の手口

以前、少数精鋭の投資グループ結成!という募集がありました。その事務所はわたしの家から歩いて数分のところにあったので、どんなところなのか興味があって参加をしてみました。マンションの一室にある事務所は、入り口から高価な置物が並び、虎の剥製までありました(笑)でてきたのは60代半ばかと思われる人物でした。内容はというと、投資の先生がいて、その人の指示にしたがって日経225先物を取引するというものでした。口座はというと、その人の口座にわたしの資金を入れて取引をするというのです。それを聞いた時点であきれてしまったのですが、そのときすでに5人ほどがトレードしていたのです(笑)面白かったので、グループに入ることは断りましたが、しばらく事務所に出入りして遊んでいました。すると、わたしのことを気に入ったのか、その人物は裏話しを始めたのです。『あと一週間でこの事務所はもぬけの殻になる。また新しいところで事務所を借りるから、そのときはお前が投資の先生役をやらないか』というものでした。そうです。投資の先生とは名ばかりの素人で、利益をあげようが損をしようが、自分の資金を使っているとレーダーのものなので関係ないのです。口座名義はその人物のものです。(その口座も誰かの名義貸しらしい)この人物は、今までこういった詐欺を続けて、すでに億を超えるお金を手にしていると言っていました。まだ若かったわたしは、詐欺の共犯にされるのを恐れて、それ以来その人との連絡を絶ちました。世の中そうそう甘い話しなんてないということです。みなさん、詐欺には気をつけましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です