投資に失敗はつきものです!

投資を始めたばかりの人に多い失敗とは・・・やはり誤発注ではないでしょうか。株式取引でよく見られるケースとして、信用取引に多いと聞きます。たとえば、信用買建をしたとします。本来なら、決済するときは信用返済をするべきところを、信用売建をしてしまうというもの。信用の買いポジションと、さらに信用の売りポジションの二つを保有してしまうことになります。決済したつもりが、新たにもうひとつポジションをもってしまうというものですね。これは初心者にありがちだと思いきや、意外と経験豊富な人でも稀に失敗してしまうことがあるようです。急に激しく値が動いたとき、慌ててポジションをとろうとするとこういうことになるのでしょう。これ以外でも、投資における失敗というのはいろいろあると思います。中には致命的な失敗をしてしまって、資産を全部溶かしてしまったという人もいるでしょう。投資において、失敗しないに越したことはないですが、『絶対に失敗しない』なんてことはないです。最初は失敗しながら取引を覚えるものだとも思います。であれば、最初はデモトレードで練習を積めば問題ありません。業者にもよりますが、デモ口座を開設している業者も存在します。最低でも3ヶ月間はデモトレードをすることをオススメします。そうすれば、取引ツールの使い方もマスターできますし、激しい値動きにも落ち着いて対応できるようになるでしょう。大切なことは、どんなときでも冷静に、落ち着いて取引をすることです。

コメントを残す

*