Home / 巨大マネーが動く投資の世界

巨大マネーが動く投資の世界

世界中には、お金が余ってしまって使い道に困っている人もいると聞きます。投資先をどこにしようか・・・常に考えているのだそうです。それに、ヘッジファンドは投資、投機をすることで利益を追求する種族です。より確実に利益になる戦略を日々研究しているのです。投機筋に狙われた商品というのは、通常では考えられないような値動きをします。長い期間をかけて静かにポジションを仕込むので、そのときは誰にもわかりません。ロングで仕掛けるのであれば、大口ショートのストップロスも把握したうえで仕込むのです。ある程度を仕込めば、あとはきっかけになる材料を待つだけとなります。そして、材料がでたときが腕の見せ所です。まずは大口ショートのストップロスまで買い上げて、さらにストップロスを巻き込んで買い上げます。すると、一般の市場参加者も動向の変化に気づき便乗します。結果、通常では考えられないような急騰をしてマネーゲーム化するのです。一般投資家が便乗する頃には、仕掛けた当人はしっかりと売り抜けるのです。巨大マネーに狙われた商品は、巨大マネーが去ったあとには閑古鳥状態になることが多いです。そういった値動きに便乗するのもひとつの手ですが、気づいたときには梯子をはずされた状態にならないように気をつけたいものですね。日本のマーケットにも、いつまた巨大マネーが襲ってくるかわかりません。常にアンテナを張って投資をするように心がけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です