Home / 常に対応できる状態をキープしながらFXに望みましょう!

常に対応できる状態をキープしながらFXに望みましょう!

上がるか下がるか5割の確立ですし、何の前触れもなくトレンドが発生して逆方向に行くので、もしどちらかで置いてきぼりにあったりすれば、長期間利益を挙げられなくなったりするので、5年、10年といったスパンで大きな利益を挙げ続けているというトレーダーは相場の中でも数パーセントと言われていますし、ましてや100パーセント負けない方法なんて、絶対にないというのがFXの常識でしょう。

しかし、それはあるというのが、私の結論です。種を明かすとお金が無限にあればいいわけです。それならば、例えば数ヶ月で100円以上下落したポンドで買いポジションを持っていたとしても、お金をつぎ込んでナンピンを繰り返せば、反動で上がったところで利益を出してポジションを解消できるでしょう。さらに、捕まったポジションの倍でナンピンしてゆけば、利益も多くなり、助かる期間も早くなります。もっといえば、ひたすらお金をつぎ込んで、ロスカットされないように耐えると言う事も可能になってきます。そんなことはよほどの大富豪でない限り不可能だと思うかもしれませんが、資金に余裕があれば、負けることが無いと分かるのですから、それをヒントに実質レバレッジを小さくする事の必要性が分かりますよね。さらに言えば、常に対応できる状態をキープしながらFXに望むという姿勢も必要になります。

例えば、ある程度余裕のある生活と関係ない資金でトレードを行っていたとすれば、大きく逆行して含み損を抱えてしまっても、またお金を入れて耐えるとか、ナンピンするとかの選択が出来るので、先に紹介したような際限なくお金がある人みたいな状態を作り出すことが出来ますよね。そう考えると、ココで上がってくれないと、借金が返せないとか、家の頭金の為に夫婦で貯めていたお金を増やそうとこっそり使っていたみたいな状態になると、思わぬ値動きをした時に、次の対応が出来ずに大きく資産を失ってしまう状態になります。FXではテクニカルやファンダメンタルである程度の勝率をあげることは出来ますが、やはり100パーセントではないので、次の対応が常に出来る状態をキープしておくことが大切なんですよね。先に、私が100パーセント負けない方法を書いた時に、それを読んだ人は怪訝な印象を持ったと思いますが、そういった状態に近づけるための対応を考えていくとFXにおけるリスクをより少なく出来る方法を模索することが出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です